自分のアレコレを教えるよ!
林一美プロフィール

岐阜県大垣市生まれ

中学時代、父親にアコースティックギターをねだり
ワクワクしながら待っていたらクラシックギターを買って帰ってくる。
クラシックギターはナイロン製の弦なので「響きがちがう・・・」と
すねながら泣く泣くそのギターにてポロリと歌う。
これが歌うたい「林 一美」の始まりかもしれない!?
(その後レコーディングにて使用したので今は笑えるが
当時はショックで2日間ほどギターを手にしなかった)

それまでアコースティックサウンドを好んで聞いていたところへ
1980年代の日本ロックシーンの波をがばっと頭からかぶり
ロックに目覚めてしまう。
目立つとか女の子にもてるとかのいたってシンプルで
不純な動機でヴォーカルを選び「shoutR.R.B」という
ロックバンドを結成する。
大垣・岐阜・名古屋と活動を広げる

1992年 「shoutR.R.B」 自然消滅

1993年 活動の場をストリートに移し、名古屋市内の中心街へ
 |   毎週ギターを抱えて行き、歌い始める。
 |   時にはバンドで1人でと歌い続けるうちに
1995年 今の歌に対する「情熱」が育ったんだと思う

1996年 ストリート,ライブハウスでメンバーと知り合い
 |   「木偶坊(でくのぼう)」というバンド結成
 |   名古屋を中心に東京・京都と活動を広げた。
 |   コンテストにてグランプリ受賞
 |
1999年 「木偶坊」活動停止

1999年 7の月に天命を受けるが如く
 |   1人でのライブパフォーマンスに目覚める。
 |   アコースティックギターを持ち ROCk魂を胸にして
 |   歌うたい「林 一美」の誕生である。
 |
2001年 4月 待望のソロ第1弾アルバム
 |    「陽はまたのぼる」発表!
 |
2005年 それまでの音楽表現である作詞とは
 |   少し違う物語りとして絵本「てをつなごうよ」を作成
 |   約1年間をかけて絵本を製作
 |
2006年 7月25日 絵本「てをつなごうよ」新風舎より発行


shoutR.R.B時代

shoutR.R.Bライブ

木偶坊

現在
林一美にメールをください hyskaz@octn.jp